海峡花火大会2017の見やすい場所や最寄り駅とアクセス、ツアー情報!

海峡花火大会、北九州市出身の夫が毎年、夏が近づくと行ってみたいという花火大会です。
どんな花火大会なのか?また地元の人ではなく、首都圏から行く人にとって、何か良い方法やお得な情報はないか?調べてみました。

海峡花火大会というのは、関門海峡で毎年8月13日に行われる日本で第2位の動員数を誇るとても大きな花火大会です。元々はお盆で里帰りしてくる下関出身の方々をお帰り!と慰労するための花火大会だったそうです。だから8月13日に行われているんですね。

関門海峡は山口県下関市と福岡県北九州市門司の間にある海峡です。海峡で花火大会があるのは全国でもこの関門海峡だけ。だから海峡花火大会という名で親しまれているんですね。

山口県下関市と福岡県北九州市門司区の双方から競い合うように花火を上げるそうで、県をまたいでの共同開催というのは、全国でもこの海峡花火大会だけだそうです。例年、19:50~20:40という時間に約1万5千発の花火があがります。下関側では、他県の広島あたりから車で見に来る方も多いようです。海峡花火大会の魅力は、何といっても関門海峡という絶好のロケーションと夜景の美しさにあると思います。私見ですが、夜景は100万ドルを超えていると思います。

また、保安距離が十分に取れる海上の船から打ち上げるため、都心では上げることが難しい大玉を多数打ち上げることができるそう。保安距離の取りにくい都心での花火大会は、150~180mが最大だそうですが、海峡花火大会の大玉は直径250~350mで、
これが毎年120万人もの人を引き寄せてしまう魅力なのでしょう。混むのは承知の上で、皆さん、やはりこの大迫力を味わって感動されて、リピーターになっていくみたいです。

これは死ぬまでに一度は行ってみたい花火大会ですね。

スポンサーリンク

海峡花火大会で見やすい場所はどこ?海峡花火大会の穴場スポット

花火大会はなるべく見やすい場所で見たいというのは、誰もが考えることですね。ここでは、主人の実家が小倉にあるので、門司側は良く知っているのですが、下関側は自分の行ったことのある一部の情報になることをご了承ください。なるべく見やすい場所を順番にお知らせしたいと思います。

●有料観覧席

まずは有料観覧席が一番見やすい場所と考えて良いと思います。有料観覧席は下関側と門司側で料金等もだいぶ違いがありますのでしっかりチェックしてください。

【門司側】2016年公式HPより(http://hanabi.moji-retro.com/modules/guide/index.php/jikko/iin.html 関門海峡花火大会実行委員会門司実行委員会事務局TEL 093-331-8781FAX 093-331-8782)

協賛金という形で有料席が用意されています。

①協賛金

一口5,000円で、一口につき椅子席1席を提供します
新聞の全面広告にお名前を掲載します

②特別協賛金

最前列限定のS席(15,000円)も今年は用意しております。
12,000円一口で、5人座れる桟敷席を提供します。
音楽花火も楽しめます。
台船上の花火師の姿も見える最も近くから花火を見ることが出来ます。
椅子やパラソルは後ろの人の迷惑になりますので、使えません。

③ペア席

今年は、ペア席のみ、セブンイレブン様に委託します。
7月20日まで、早期割り引き一口6,000円で、ペア椅子席(二人用)を提供します。
7月21日よりお二人で7,000円に変更します。
指定席ではありませんが、席は必ずあります。

④環境整備協力席

花火大会当日にご協賛いただけますと、環境整備協力席のエリアにご入場できます。
今年から会場エリアを広げています。
1,000円/人、大人同伴の子どもは無料にします。
ただし、椅子などは準備しておりません。椅子やパラソルは後ろの人の迷惑になりますので、使えません。
エリア内で自由に観覧していただくことができます。
敷物等をご準備ください。数量に限りがありますが、会場でも販売しています。

【下関側】 2016年の公式HPの情報です(http://210.136.239.202/hanabi2016.html 下関まつり合同会議/海峡花火大会実行委員会/一般財団法人 下関21世紀協会)

●門司港ホテル(プレミアホテル門司港)の西側の部屋
門司港ホテルの部屋から海峡花火大会を見たいという人は非常に多いと思います。冷房の効いた部屋でお酒を飲みながらなんて最高だと思います。
誰しも考えることは同じで、8/13の予約は今年はもう取れないです<現在4月)。
このホテルは私は両親を招待したことがあり、部屋にも入りましたが、良いホテルです。アルド・ロッシという建築家の遺作となったホテルです。
シンプルながらも行き届いていて、レストランも美味しいです。私は宿泊は夫の実家の小倉なのですが、このホテルが大好きなのでレストランには帰省の際はなるべく足を運びます。

 

●巌流島

スポンサーリンク

門司港ホテルはなかなか予約が難しそうなので、下関のホテルを取って巌流島へ渡るのも良い方法かもしれないです。花火を遮るものが何もないので、下関側も門司側も良く見えると思います。何より島を渡るというリスクと島に自販機すらないということで、躊躇する人が多いためにゆったりとした空間で花火を楽しめるともっぱらの噂です。またキャンプやバーベキューしながら花火を見る人もいるみたいです。

帰りの船が出るのか心配なところですが当日はチャーター便が出るそうで、ちゃんと下関側に帰ることができるという情報があります。心配な方は巌流島渡船(森造船)(TEL083-266-1009)でご確認ください。

 

●和布刈公園・ノーフォーク広場

ここは普段行っても本当に海が間近なので、花火の時は良いだろうなぁといつも思う見やすい場所です。雰囲気もとても良いところなので、カップルにお勧めしたい場所です。

 

●めかりパーキングエリア
ここは昼にいくとすでに場所取りが終わっていると言われ、午後にはPAは規制がかかって入れなくなるそうですので、早めに行くことをお勧めします。PAですから車の中から見たいという人にはとても良いと思います。個人的には夜までの時間をどう過ごすかが課題かなと思います。

 

●風師山展望広場

ここは、主人がおすすめと言っていました。主人はだいたい高いところから景色を見るのが好きなので、ここが見やすい場所だというのは良くわかります。
私も花火の時に一度は行ってみたい場所です。

 

●門司港レトロ展望台

ここはマンションの上にある展望室なんです。主人が北九州大好きでいずれは北九州に住みたいと言っているので、私はもし北九州市に住むならこのマンションでお願いします
と言ったくらい海とレトロ地区を見下ろせる素晴らしいロケーションです。
有料ですが、花火を見る時には、冷房もきいていて虫刺されの心配もないので、良いと思います。ただ、おそらく狭いところに人が集まることになりそうなので、激戦ですね。

 

●海響館

冷房が入っていて出口付近はガラス張りの大きな窓からの花火を見られるので、ここも狙う人は多そう。水族館なので、時間をつぶせるのもポイント。

 

●唐戸市場近辺

海辺のウッドデッキが広々としているので、見やすい場所といえます。

 

海峡花火大会の最寄り駅周辺情報やアクセス

海峡花火大会の最寄り駅は門司港駅と下関駅です。
海を挟んで門司側と下関側の双方から花火が上がりますので、まずは門司側で見るのか下関側で見るのかを決めねばなりません。

双方の場所とアクセスですが
下関側の打ち上げ会場は、山口県下関市唐戸あるかぽーと地区で、下関駅から徒歩15分です。
門司側は打ち上げ会場は、福岡県北九州市門司区西海岸埋立地で、門司港駅から徒歩5分です。

以下に詳しく説明いたします。

●下関側のアクセス

①公共交通機関のアクセス

JR下関駅から会場まで徒歩約20分
JR下関駅からバスで7分(海響館で下車)
JR新下関駅(新幹線駅)からバスで約30分(海峡館で下車)

ただし花火大会当日のバスの所要時間は読めないので徒歩が確実。

②車でのアクセス

車での混雑は大変なものなので、駐車場を確保するなら午前中まで。
下関ICから通常であれば15分だが
どうしても車でと言う場合は、手前の駅周辺の駐車場に止め、そこから電車など公共交通機関を利用するほうが良い。

〇会場周辺の駐車場について

海響館駐車場(みらいパーク) 395台
あるかぽーと臨時駐車場   385台
市営細江駐車場   500台 会場付近まで歩いて約25分
市営赤間駐車場   300台 会場付近まで歩いて約15分
海峡メッセ駐車場  150台 会場付近まで歩いて約30分
シーモー駐車場   1600台 会場付近まで歩いて約40分

●門司側のアクセス

①公共交通機関のアクセス

JR門司港駅から会場まで徒歩約5分
(門司駅ではありませんのでご注意ください)
JR小倉駅と門司港駅間は電車で約15分です。

②車でのアクセス

車でのアクセスは本当にやめておいたほうが無難です。
休日にフラッと遊びに行っても、なかなか駐車場に止められず苦労する地域です。

海峡花火大会の公式HPには、駐車場が確保できない場合は公共交通機関でお越しくださいと注意書きがあり、
実際車で行くのであれば午前中の早い時間には駐車場はほぼなくなると考えたほうが良いと思います。

それでも九州の他県から行く場合はどうしても車になると思います。
その場合は小倉駅周辺に止めるのが無難です。

〇小倉駅周辺の駐車場について

西日本総合展示場本館駐車場  180台
リバウォーク駐車場      950台
タイムズ小倉浅野       116台
小倉駅自動車整理場      112台
ポステ2駐車場        328台

 

海峡花火大会をツアーで満喫!

私がもし海峡花火大会を見るならば、3年越しくらいの計画で門司港ホテルの上のほうの階の西側の部屋をとってみると思います。
ですが、もし今年、どうしても見たい!少し奮発しても構わないという好条件がそろっているとしたら、ツアーを選びます。

関東からですと、1泊2日で新幹線利用で椅子の観覧席で1ドリンク付きというのがあります。しかも翌日には福岡県内の観光地にも行けるツアーです。
他には船の上から海峡花火大会を見るツアーもあります。行きは飛行機や新幹線など自分で好きに下関に向かい、門司から船にのって花火を見て、
翌日は徳島の阿波踊り、そして横浜港に帰ってくるというツアーです。

名古屋からですと、3泊4日で、私、一度乗ってみたいと思っていた豪華列車、「或る列車」で、九州内の観光地を回るコースもあります。
黒川温泉とか呼子のイカを食べるとか、国東半島へ行けるとか、九重”夢”大吊橋、阿蘇、大宰府となかなか豪華です。「或る列車」ではスイーツも楽しみです。
このツアー、良いです!

広島からですと、料金もグッとリーズナブルなツアーがあります。

 

まとめ

海峡花火大会は死ぬまでに一度、いやもっともっと見たい花火大会です。でも、地元の人に聞くと「とにかく混む」ということで、いろいろと下準備は必要な花火大会だと思い、いろいろと調べてみました。

最後にご紹介したツアーなどは、裏技的な感じで、特に船旅が大丈夫であれば、船上から見る体験なども素敵だと思います。

海峡花火大会は雨天決行だそうです。ただ、風が強い場合は開催は難しいそう。2017年も素晴らしい大会が開催されますように!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ