羽生結弦選手、熱愛報道について語る

羽生結弦選手の高校時代の同級生との6年愛について

先日、女性セブンという週刊誌が報じました。

 

今日、この報道を羽生結弦選手はきっぱり否定しました。

 

そつがない言動でしっかりしている羽生選手は

「どうしてこうなったか分からない。

火のないところに煙は立たないというけど、本当に火もないところ。

高校の同級生なんですけど、その方にも迷惑をかけたし、ファンのみなさんにも本当に申し訳ない

と思っています」と発言しています。

 

芸能人の場合は、こういった報道も有名税とも言われるように

人気のある証拠、ととらえる人もいるかと思います。

 

でも、羽生くんは世界一になったスポーツ選手です。

 

立ち位置は、王子様っぽくもあり、人気もとても高いため

一見、アイドルっぽく見えますが、スポーツ選手です。

 

実力の世界で戦う人であり、人気で成績が出るわけではありません。

 

ですので、火もないところに煙を立てることは

週刊誌という媒体でも、やってはいけないことだと思います。

 

最近の週刊誌やスポーツ新聞は

福山雅治の結婚以降、不確実な情報でも流す傾向が強いそうです。

 

他社にスクープを持って行かれまい、とするため

不確定情報なのに、「結婚か?」ではなく「結婚へ」

と書いたりしているそうです。

 

まあ、確かに噂話というのは

スポンサーリンク

一般人の間でするのは楽しい部分もあります。

 

それにしても、6年愛を報じるなら

その6年間に彼女だと噂のあった韓国人選手のカク・ミジョン選手とか

今井遥選手とかリプニツカヤ選手については

何て弁明するつもりなんでしょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ